「酵素ドリンクを飲んでみたい!」「酵素についてなんとなくわかったから、あとは自分で試してみる!」と思った方には、酵素ドリンクを選ぶ上でいくつかある注意点を確認してみましょう。
注意点には2つのポイントがあります。
酵素ドリンクの「選び方の注意」と「飲み方の注意」です。
まずは、基本的な酵素の特徴を覚えておかなければなりません。
それは、酵素は熱に弱いということです。
50~70度程度で酵素は分解を始めてしまいます。酵素の組織が壊れてしまうのです。
あれ、酵素って意外とデリケートなものなのかしら・・・。

そうです、とてもデリケートなものなのです。

加熱をしてしまっては酵素がすべて壊れてしまい、ドリンクだろうと手作りだろうと意味がなくなってしまいます。これでは何の効果も出ません。
市販されている酵素ドリンクを見かけたら、是非ラベルを確認してみてください。

酵素ドリンクとして配合されているたくさんの原材料が記載されていますが、これらも酵素の働きを活発にさせるためにビタミンやミネラルと一緒に配合されています。

酵素だけを単体でガブ飲みしても、ビタミンやミネラルとセットでなければ働いてくれないからです。

市販の酵素ドリンクは、作っている企業がそれぞれに考えるオリジナルの配合ですから、ラベルの原材料欄に酵素エキスが表示の一番最初に書いてあるのかどうかも注意するべき点といえます。

原材料欄には、配合の比率が一番多いものから順番に記載されているはずです。
酵素エキスが一番多ければ最初に記載されていますし、2番目、3番目のこともあります。

酵素エキスを効果的に摂取するなら、一番最初に記載している酵素ドリンクを購入するべきです。

飲み方の注意としては、あくまでも酵素ドリンクは補助的な意味合いで摂取する方が効果が出ると考えられていますから、しっかりと食生活を見直したり改善した上で、酵素ドリンクを飲む方がよいでしょう。

前述のように、酵素ドリンクの中には酵素エキスとともにビタミンやミネラルも配合されていますが、タンパク質や炭水化物、脂質などもバランスよく摂取しなければ酵素は働いてくれないのです。


よく、サプリメントをどのタイミングで飲むのがよいのか、という話になります。

一説では朝に飲むほうが効果があるともいわれ、サプリメントの効果別で夜に飲んだほうがよいという方もいらっしゃいます。それでは、酵素ドリンクはどうなのでしょう。

市販の酵素ドリンクは、原液で販売されることが多いですが、そのままストレートに飲むというよりは、水で氷で割ったり炭酸水で割ったりすることが多いようです。これは飲みやすさの問題ですから個人差がありますが、季節に応じてお好きな飲み方をして問題はないようです。

ただし、酵素は熱に弱いのが特徴です。くれぐれも、酵素ドリンクをお湯で割って飲んだり、レンジで温めて飲むようなことがないようにしましょう。ことごとく酵素が破壊されてしまいます。

酵素ドリンクを飲むタイミングですが、市販されているドリンクの裏書には、特に明記がないものが多いようです。
どの市販ドリンクにも共通していることですが、酵素ドリンクは飲みごたえがありますので朝食時に飲んだり、おやつとして飲用すると満腹感が得られますので、余計なカロリーを摂取することはないようです。

ファスティングダイエットとして酵素ドリンクを飲用するなら別ですが、日常生活のうえで酵素ドリンクを活用するなら朝から夕方にかけて飲む方が多いかもしれません。

ただ、酵素ドリンクは飲みやすいようにいろいろなものが配合されています。

酵素エキスのほかに、糖分やカラメルを原料とした着色料などが入っている場合がありますので、その分の糖分を摂取することになります。それを考えれば、あとは寝るだけの夕食後よりも、これからカロリーを使う朝食時やおやつタイムが好ましいかもしれません。

酵素ドリンクも原液でなく、350ml程度の紙パックで販売されていることもあり、すでに飲みやすいように加工してありますから、原液タイプを購入するのはちょっと抵抗があるという方には、ジュースタイプで飲み始めるのもよいでしょう。


「酵素ドリンクが大ブーム!」と聞いて、よし次はコレか!と気合を入れた方もいらっしゃるかと思います。ここ数年、発酵モノや塩がブームでしたが、今度はいよいよ酵素なのだそうです。

ちなみに今一番人気はお嬢様酵素です。

酵素ときいて「え?いまさら酵素?」と思うのは、お料理が得意な方や美容・ダイエット方面で情報収集に余念がない方かと思われます。
それでは、酵素ドリンクといわれてどのようなものかピンとくるでしょうか?

そもそも、酵素がどのようなものかを知っておくと、なぜ酵素ドリンクブームなのかが見えてきそうです。
酵素という言葉そのものはよく聞きます。

人間の体中いたるところに存在している物質で、人間の体内でも生成できるものです。人間は肉や魚、豆類などを食べますが、これらに共通しているのはタンパク質です。酵素もそのタンパク質の一種で、そのタンパク質は消化されて、最終的にアミノ酸という形で体内に吸収されます。

酵素といわれて特別なものだと思うのは間違いで、ほとんどの方は毎日何かしらの形で酵素を含むタンパク質を摂取しています。一番身近なわかりやすい酵素を挙げると、人間は常に口内に唾液を出していますが、この唾液は消化をうながすための「消化酵素」です。

先述の「え?いまさら酵素?と思う方がいる」と書いたのは、酵素が何かということがわかっているからなのです。
さて、酵素がわかっていただけたところで、それでは酵素ドリンクはどのようなものなのか、という疑問がでてきます。

現在、市販されている多くの酵素ドリンクは、そのラベルを見れば何が配合されているかわかりますが、「植物発酵抽出物」「植物発酵エキス」と表示されている内容物が酵素エキスということになります。

この酵素エキスを元に、飲みやすいようにドリンクという形で作られたものが酵素ドリンクです。

しかし、商品によっては酵素エキスが他の配合物よりも少ないものもあり、酵素エキスの配分が商品によって差が出てしまうこともあります。


酵素ドリンクがこれほどブームになる理由は、酵素ドリンクの効果に期待が集まっているからです。

実は、酵素ドリンクには賛否両論があるということをご存知でしょうか。
様々な方面から、その効果と期待が報告されているようですが、こればかりは実際に自分で試してみない限りわかりません。

その理由は、人によって効果が様々であること、特に「酵素」という人体の中で生成されるもので存在しているので、酵素ドリンクを摂取することでどれだけの効果がでるのかまだはっきりしないことが挙げられます。

これらのことから、酵素ドリンクについての効果やその実証についてはまだまだデータが足りないといったところではないでしょうか。

ただし、酵素ドリンクがどこからともなくポッと出てきたわけではなく、酵素自体が人間に必要不可欠なものであり、食生活の乱れや不規則な生活スタイルで不足しがちな酵素を積極的に摂取しようとすることが目的です。

いつもの食生活にプラスすることで、足りないものを補うサプリメントのようなものです。
酵素ドリンクには、元になる酵素エキスにビタミンやミネラルが配合されていることが多く、普段から意識して摂取しなければならない栄養素でできています。

よく、テレビCMなどで毎日の食事で理想的だとされているビタミン、ミネラルの量を摂取しようとすると数日分の食事を1日で摂取しなければならない計算になる、というデータが出てきますが、加齢とともに酵素を作る量が少なくなることで、積極的に摂取しているこれらのビタミン、ミネラル分の吸収率も悪くなるのですから、酵素とあわせて摂取できるようドリンクタイプになっていることが多いのも納得です。

ドリンクの種類によって味も風味も様々ですし、酵素ドリンク1本あたりの成分比率も違いますから、購入の際は商品のラベルをよく見比べましょう。

酵素ドリンクを飲むことで、体の様々な機能を促進させる機能を補い、不足気味な栄養素の吸収に一役買ってもらいましょう。


脱毛の施術では、しばしば痛みの度合いがポイントになります。あまり痛くないのが望ましいと考えている方は、とても多いです。

特にその傾向が顕著なのは、病院による脱毛です。いわゆる美容外科などでは、レーザーの光を使って施術を行うのですが、かなりの痛みが生じる事も珍しくないのです。

そして何回も施術を受けるとなると、やはりその痛みは軽視できない一面があります。1回限りの施術ならば我慢できても、何回も痛みを伴うとなると、文字通り苦痛を伴う事になるからです。ですので施術の痛みなどは、やはり軽視できないポイントの1つになります。

どうすれば痛みが少ない病院を選ぶ事ができるかというと、口コミなどは悪くない選択肢の1つです。病院を利用している方々は、ネットで予約を取っている事も多いのですが、それで中には口コミを投稿している方も見られるのです。参考リンク Vライン脱毛の口コミランキング

そして投稿者によっては、病院による痛みに関して言及している事があります。その病院による施術は痛かったのか否か等が、リアルに記載されている訳です。

そして病院Aに対する口コミは、痛いという内容があまり多くなかったとします。それに対してBの場合は、やや痛いとの口コミが目立つとしましょう。AとBを比較すれば、もちろんAの方が痛みが少ないと判断できる訳です。

ですので病院などで脱毛を受ける前に、まずは口コミを確認しておくと無難です。何も病院に限らず、エステも同様です。エステでも痛みを伴う事はあるので、やはり口コミを見ておく方が良いでしょう。


ダイエットをしたけど挫折したという方の多くは、空腹感に耐えられなかったという意見が多いようですが、ダイエットはカロリー摂取を抑えることで体内に蓄積した脂肪などを効率よく燃やして消費しなければなりません。ある程度の空腹感は感じるかもしれませんが、これでダイエットを断念したり挫折してしまうくらいの空腹感は、かえって胃酸で胃の内壁を傷つけてしまうことにもなります。

あまりの空腹感に気分が悪くなったり、眠れない、または便秘でお腹が張ったりガスがたまったりと、逆効果になってしまっては元も子もありません。

酵素ドリンクを使ったダイエットを実践する時も同様です。
酵素ドリンクだけで置き換えダイエットをするよりも、酵素ドリンクを上手に使って効果的にダイエットをする方が空腹感が和らぎ、結果的にダイエットが長続きすることになります。短期間で絶大な効果をあげるダイエットなどないことはすでに周知の事実であり、長期的に体を慣らしながらダイエットをしていく方法を考えなければなりません。

酵素ドリンクは、野菜や果物を発酵させた酵素エキスからできています。100%の原液をそのまま飲むという方は少ないかもしれませんが、例えば無糖ヨーグルトと混ぜてヨーグルトドリンクにすれば多少の空腹感は防げますし、1日に3食ではなく、5~6回程度に分けて食べる(あるいは飲む)ことで、気分的にも落ち着きます。

また、ビタミンやミネラルと一緒に摂取すれば酵素の効果で、より効率よく栄養素がとれますので、野菜や果物の濃厚なミックスジュースに酵素ドリンクを混ぜて飲むのもよいでしょう。なにより、数回でも咀嚼(そしゃく)すれば、それだけで満足感が増します。ダイエット期間には、カロリーを抑えることや何も食べないことに傾きがちで、咀嚼による満足感を忘れてしまいます。

胃の中を満腹にするよりも、咀嚼をして満腹中枢を刺激するようにし、尚且つ酵素の力を借りて脂肪やカロリー燃焼のパワーアップをさせることの方が大切です。


インターネット上でよく見かけるファスティングダイエットが人気ですが、その理由の多くはダイエット期間を決めて行うことと、特別なことをしなくてもよいという手軽さにあります。注意するべき点は、間違ったダイエットにありがちな飲まず食わずにならないようにすること、必要なものを適量摂取して最低限の活動カロリーを確保することです。

ファスティングダイエット中は、その目的をデトックスにする方がいることでもわかるように、これまでの日常生活で溜まったものを排泄したりリセットしたりします。
できれば、体内に溜まった余分なカロリーを使うことができるとベストです。

日頃、運動不足の方は特にそうですが、いくらダイエットのためとはいえ急に運動をする気にはなれませんし、なにより面倒くさい・・・。それでも、体内に蓄積された脂肪や、消費しなければならないカロリーは体内に有り余っています。家にいながら手軽にダイエットなどできないことはわかっていますが、せめてファスティングダイエット中だけでも効果的にできないか、と思ってしまいます。

そこで、ダイエッターの皆さんが「この組み合わせでやってみるべし!」と実施しているのが、酵素ドリンクとの組み合わせるファスティングダイエットなのです。

酵素ドリンクはそれだけでダイエット作用があるとか、脂肪を燃焼させるという力はありません。また、酵素ドリンクは植物などの酵素エキスをビタミンなどと混合させて、体内でより酵素の働きをアップさせることが目的です。

ファスティングダイエット中に食事を抑えていることで、一時的にでも体が飢餓状態になると脂肪を溜め込んだりして生命活動を優先しようとします。何も食べないでも太る、水を飲んだだけでも体重が増える原因はここにあります。

腹持ちの良いものを少しずつと、酵素ドリンクをあわせて摂取し、体内の酵素量を増やして活性化させるのが、ファスティング+酵素ドリンクダイエットの特徴です。


酵素ドリンクの選び方については、多方面から検証が行われています。基本的に、酵素ドリンクがどのようなものかをしっかり押されておけば、市販の酵素ドリンクでも迷うことはありません。裏書のラベルをしっかり見て、特に酵素ドリンクの根幹になる「酵素エキス」が一番最初に記載されているものを選びましょう。

酵素ドリンクは野菜や果物発酵させて酵素を抽出したものですから、その酵素エキス100%の原液タイプから、ある程度飲みやすいように加工されているものまであります。加糖シロップを加えていたり、風味や甘みを他のフルーツエキスで補っていることもありますから、糖分は要チェックです。

飲みやすければ飲みやすいほど、酵素エキスの割合が少なくなるということも念頭に置いておく方がよいでしょう。

最初は100%原液は抵抗があるのであれば、ドリンクタイプを、慣れてきたら原液タイプを購入して自分で飲みやすいように工夫していくのもよいでしょう。

また、酵素は生が基本です。50~70度で酵素は破壊されてしまいますから、加熱してある酵素などありませんし、また購入した酵素ドリンクを熱湯で割ったりレンジで温めて飲むなど、間違った方法で飲用しては何の努力も実りません。

質の悪い酵素ドリンクやまがい物については自分の目で見て取捨選択していくしかありませんが、基本的な酵素ドリンクの知識をもっていれば、まず大丈夫でしょう。

酵素ドリンクを検索すると「値段がちょっとお高いかな」と思うものもあるかもしれません。酵素を抽出する上で必要なのは野菜や果物の発酵ですが、これは長い時間と発酵の環境が作り上げてくれるものです。一晩でできるわけではありませんから、酵素を作り上げるのに数年かけるという商品もあります。

しかし、高額だから酵素ドリンクとして優秀で、高い効果があるとは限りません。日常の食生活に酵素を取り入れて体の活性化を促すのが目的ですから、毎日少しずつ続けられる自分にあった酵素ドリンクを選ぶべきです。


酵素ドリンクを使用する目的はいくつかありますが、その中でも、これまで体内に蓄積し続けた老廃物を排出したいという方は多いかもしれません。とかく、女性はホルモンバランスが乱れたり、体質的に便秘症に悩まされたりと、体のケアやメンテナンスをしっかりしないといけません。

なんとなくだるい、病気ではないが調子が悪い、体が重くズルズルした感じが抜けない・・・など、特に理由が思い浮かばないのに、体が重く感じる不快さの時は、体内に老廃物が溜まってきているのかもしれません。

自分の大切な体です。溜まった老廃物は、早めに体外に排出したいものです。週末などのまとまった時間を利用して、酵素ドリンクを使ったデトックスをするものよい手段かもしれません。

デトックスとは、日本語では「解毒」と訳されます。字のごとく、溜まっている毒素を出すのですが、その大部分は腸内に溜まった排泄物です。汗をかいても解毒という意味ではそれほどの割合ではありません。

便秘症で長らく悩んでいる方は、これを機に酵素ドリンクを使ってみるのもよいでしょう。

酵素ドリンクを使ったファスティングは特に、酵素ドリンクと生野菜をジュースにして飲んだり、半固形物の状態で摂取したりすることが多いので、胃に負担をかけることなく、できるだけたくさんの酵素を体内で生成できるように工夫します。

酵素ドリンクや生野菜だけを摂取していますから、消化の悪い固形物ではない分、腸に届きやすいことから腸内環境を整えやすくなります。これで長年悩んでいた宿便も無理なく排出できれば、なんとなく体が重いといった症状も緩和するでしょう。

ただし、酵素ドリンクを使ったデトックスを行う場合、ファスティングと同様、胃腸に負担をかけることのないよう、デトックスやファスティング直前になる前日の夕食などには、揚げ物や大量の肉類などは避けましょう。これから老廃物を排出するというのに、食いだめなどもってのほかです。


酵素ドリンクを飲んでみたい方の多くはダイエット目的かもしれません。過激な運動はしたくない、長続きしそうなものがいい、家の中でできるものを選びたいという方には、酵素ドリンクで効果が出せれば願ったり叶ったりでしょう。

特に、産後ダイエットは生まれたばかりの赤ちゃんがいて寝不足の上、家から簡単に出られる環境ではありませんから尚更です。酵素ドリンクで体内活性化ができて、産後ストレッチとあわせてダイエットができれば嬉しいことはありません。

それでは、その効果というのはどのようなものなのでしょうか。さっそく試した新ママさんたちも多くいらっしゃるようで、その感想は様々です。産後にはホルモンバランスが崩れていることもあり、このタイミングでこれまでと同じ食事量や運動不足、さらに授乳中の睡眠不足まで重なって体のいたるところに防御反応が出ます。これが脂肪の蓄積などにつながりますので、産後の一番太りやすい時期に酵素ドリンクの力を借りて、カロリーの消費をアップさせるのは理にかなっています。

酵素は人間の体内でも生成される自然界のものですから、授乳中に酵素ドリンクを飲んでも問題ありません。これはダイエットを考えている新ママさんにとって、とてもありがたいところではないでしょうか。

バランスよく三食をしっかり食べて、尚且つ酵素ドリンクで消化力をアップさせれば、栄養を摂取しつつ、燃焼にまで酵素の力が行き届きます。生まれたばかりの赤ちゃんにつきっきりで、なかなか自分の時間がもてなかったり、外へ出るのも大変なママさんには昼寝の時間をつくるのも一苦労ですから、手軽なことも評価につながっているようです。

酵素ドリンクの中には、ヒアルロン酸やコラーゲン、食物繊維が配合されているものもあります。産後、どうしてもお肌の調子が戻らない、便秘がひどいと悩まされることが多くなりますが、酵素エキスだけでなく、美容や腸内メンテナンスもできるタイプを試すとよいでしょう。